【レビュー】WESTERN DIGITAL製 WD30EZRZ-RT その2


以前、ハードディスク『WESTERN DIGITAL WD30EZRZ-RT』を、Joshin(ジョーシン)のネットショップで購入しましたが、今回はパソコンパーツ店として有名なパソコン工房で購入しました。

⇒『WD30EZRZ-RT』の詳細はコチラ

『WESTERN DIGITAL製 WD30EZRZ-RT』そのものは、まったく同じものなので、以前の記事を参考にしてください。

⇒【レビュー】WESTERN DIGITAL製 WD30EZRZ-RT

今回は、梱包状態に着目。

”ジョーシン”と”パソコン工房”では、ハードディスクの梱包に、どのくらいの気遣きづかいがあるのでしょうか?

予想では、パソコン工房の方が、専門店であるので、梱包には細心の注意を払ってくれているのではないかと思っています。

スポンサーリンク

製品画像

ジョーシンに比べて、少しコンパクトな箱で到着しました。

中には、保証書と製品が入っています。

問題となるのが、製品の梱包状態。この状態を見て、イラっとしました。スカスカです。隙間に新聞紙を包んで入れるだけでも、運送時の衝撃は和らぎます。なぜ、それができないのか?

スポンサーリンク

保証書等の内容物。捨てずに保管する必要があります。

ジョーシンでWESTERN DIGITAL WD30EZRZ-RTを購入した時は、バルク品だったので、箱なしのハードディスクでしたが、今回は正規品。青い箱に入っています。

HDDを包んでいるプチプチもよく見ると、薄めのプチプチ。”ハァー”と、ため息がもれました。

スポンサーリンク

中身は、ジョーシン購入時と同じです。

感想

パソコン工房で、WESTERN DIGITAL WD30EZRZ-RTを購入した感想を書きたいと思います。

正直に言って、パソコン工房で再度、購入しようとは思わないですね。

運送時に、箱の中で製品が何度も動いていたことは想像できます。当然、衝撃が製品に伝わっていたでしょう。

製品に、いくら保証があったとしても、トラブルが発生した場合、購入者が背負う『返品のストレス』は大きいものがあります。

  • 返品作業
  • 運送会社に対する手続き
  • 製品が再度到着するまでの日数

そして、何よりも、簡易梱包によって、『製品の寿命が縮まっているかもしれないリスク』を購入者が利用中も背負っていかなければならないこと。

到着後、すぐに問題が発生するとは限らないですよね。数ヶ月後に、問題が発生するかもしれません。

パソコン工房としては、『保証で対応しますので、安心してください』って、スタンスなのかもしれませんが、購入者が気持ちよく製品を使えるように、梱包の改善をお願いしたいですね。

⇒『WD30EZRZ-RT』の詳細はコチラ

スポンサーリンク