【エックスサーバー】WordPressを再インストールする方法


WordPressを使っていて、問題が発生しました。

その問題とは、『子テーマが削除できない』というトラブル。

WordPressの管理画面上で、削除すると、『削除に失敗しました。:選択したテーマはありません。』と出ます。また、エックスサーバーのファイルマネージャー(WebFTP)上で、該当のテーマを確認しようとすると、ホーム画面に飛びます。

”僕がやった削除方法に問題があったのか”、”WordPressのバグなのか”、分かりませんが、一向に消せません。
今思えば、エックスサーバー内(ファイルマネージャ)で、テーマを削除したのがダメだったのかなって思います

テーマの選択欄に意味不明なものが残るだけなので、そのまま放置していてもいいのですが、性格上、気になるので削除するためにWordPressを再インストールしてみました。

以下で、『エックスサーバーでWordPressを再インストールする方法』をご紹介します。

もし使用サーバーがエックスサーバーなら、参考にどうぞ。



以下で説明する再インストール方法は、大切なWebサイトが消滅する可能性もあります

また、不具合が発生する可能性も。当方は一切責任が負えませんので、作業はすべて自己責任で行ってください。

なので、元の状態に戻せるように、しっかりとバックアップを取りましょう!

再インストールする前に

WordPressを再インストールする前にすべきこと、それが以下の2つのバックアップ

  • 現在の”WordPressのコア”のバックアップ
  • ”MySQL”のバックアップ
WordPressコア WordPressそのもの。再インストール後、『以前の状態に戻すために必要となるもの(設定やテーマ、プラグイン、”.htaccess”など)』が多数含まれます
MySQL 記事データが入ったデータベースのこと。投稿記事や固定ページは、このMySQLに保存されます。再インストールにおいて、この移行が大変重要となります

この2つをバックアップをする理由は、再インストールのため以外に、不手際によって起こる『Webサイトが消滅する』という最悪の自体を回避するためでもあります

バックアップを取っていれば、元の状態に戻せます♪

『バックアップするもの』を間違わないようにしてください

別のWebサイトのものをダウンロードして、それに気づかずに、再インストール時に利用してしまうと、『大切な記事データなどが消滅する』という事態を招きます。

WorPressコアをバックアップ

エックスサーバーのサイトより、ログインします。

❷サーバーパネルの「アカウント」項目にある「バックアップ」をクリック。

❸バックアップしたWebサイトを探し、右のセルにある「ダウンロード」をクリックすると、WordPressコアが丸ごとダウンロードされます。

このダウンロードされた圧縮ファイルを解凍すると、「home」というファルダになるので、他との混同をさけるため、フォルダ名を変更した方がいいと思います。

MySQLをバックアップ

❶サーバーパネルの「データベース」項目にある「MySQL設定」をクリック。

❷「MySQLバックアップ」をクリック。

❸WordPressを再インストールするWebサイトの「データベース名」を探し、右のセルの「エクスポート実行」をクリックすると”SQL拡張子の圧縮ファイル”がダウンロードされます。

MySQLのデータベース名を忘れている人は、以下の記事を参照してください。
⇒【WordPress】MySQLのデータベース名、ユーザ名とパスワードの調べ方

また、下述しますが、サーバーパネルの「ホームページ>自動インストール」のページでも書かれています。

スポンサーリンク

WordPressを再インストールする

再インストールは順番が大事です。

上記のバックアップを済ませた後は、以下の順番通りに作業を進めてください。

再インストール手順
  1. 再インストールするドメインのWordPressを削除
  2. 「phpmyadmin」でMySQLを空にする
  3. 新しいWordPressをインストール
  4. 「 phpmyadmin」で、バックアップしたMySQLをインポート
  5. 新しいWordPressにファイルを上書き

WordPressを削除する

❶サーバーパネルの「ホームページ」項目にある「自動インストール」をクリック。

❷WordPressを削除したい「ドメイン名」を探し、右のセルの「選択する」をクリック。

❸一番右に「削除」ボタンをクリックするとWordPressを削除することができます。

このページには、MySQLの「データベース名」も記入されています

WordPressを削除しても、投稿記事などのデータが保存された「MySQL」は削除されずに残っています

「phpmyadmin」でMySQLを空にする

WordPressに紐付けるMySQL(データベース)は、「」である必要があります。

データが少しでも入っていると、WordPressのインストールに利用できません。

特定のMySQLを空にするには、phpmyadminを使用します。

❶『phpmyadmin』にログインするには、MySQLの「ユーザー名」「パスワード」が必要になります。

❷左サイドメニューにある「データベース名」をクリック。

❸「すべてチェックする」をクリックし”すべてを選択”し、「削除」をクリック。

『データベース名』が間違ってないかどうかを、何度も確認してください。もし間違ってしまうと、他の所有サイトのデータが消失します。

その後、『本当に実行しますか?』と出ますので、『はい』をクリック。

❹最後に、エクスポートをクリックし、データベースが『空』になっていることをチェック。

『空』の場合は、以下のように「このデータベースにはテーブルがありません」となります。

新しいWordPressをインストール

❶サーバーパネルの「ホームページ」項目にある「自動インストール」をクリック。

「プログラムのインストール」をクリックし、『WordPress日本語版』の「インストール確定」をクリック。

❷そして、「インストールURL」「ブログ名」「ユーザ名」「パスワード」「メールアドレス」等を記入します。

再インストールの際に注意が必要なのは、「データベース」の欄

まず「作成済みのデータベースを利用する」にチェック。そして「データベース名」「データベースユーザ名」を選択し、「データベース用パスワード」を記入します。

MySQLは、再利用するので、この欄には、WordPress削除前のMySQLのものを記入してください。

「インストール(確認)」をクリック。

❸その後、確認画面になるので、再度「インストール(確定)」をクリック。

「phpmyadmin」で、バックアップしたMySQLをインポート

❶再度、「phpmydomin」にログインし、左サイドメニューの「データベース名」をクリック。

❷「インポート」をクリックし、バックアップしたMySQLをインポートし、「実行」をクリック。ちなみに、データは上書きされるので、再度『空』の状態にする必要はありません

『データベース名』が間違ってないかどうかを、何度も確認してください。もし間違ってしまうと、他の所有サイトのデータが消失します

新しいWordPressにファイルを上書き

最後に、WordPressコアのバックアップから、再インストールしたWordPressの一部のファイルを書き換え(移行)して、以前と同じ状態にします。

ちなみに、WordPressの設定(ユーザ、投稿設定、パーマリンクなど)は、MySQLに保存されるので、変更は不要。ですが一応、設定をチェックしてください

書き換えが必要なファイルは次のようなものです。

  • /public_html/.htaccess
  • /public_html/wp-content/themes/(※使用するもの)
  • /public_html/wp-content/plugins/(※使用するもの)
  • /public_html/wp-content/uploads/
名称 内容
.htaccess Webサーバーの挙動を制御するためのファイル。変更していれば、書き換えが必要
themes テーマが保存されたフォルダ
plugins プラグインが保存されたフォルダ
uploads 画像などのメディアデータが保存されるフォルダ。

”.htaccess”は、ファイルなのでコピペすればよいのですが、それ以外は、FFFTPなどのFTPクライアントソフトを利用する必要があります。

なぜなら、エックスサーバーのファイルマネージャ(WebFTP)は、フォルダをアップロードできないからです。
※PHPファイルはアップロードできます

スポンサーリンク

エックスサーバー上で書き換える方法

FTPクライアントソフトを使いたくない場合は、少し邪魔臭いですが、エックスサーバー上で作業を行うことも可能。

  • テーマは、圧縮して、アップロード
  • プラグインは、もう一度導入
  • 画像データなどは、一つ一つアップロードする

テーマを移行する

❶WordPressコアのバックアップを解凍し、その中にあるテーマの”フォルダ”を圧縮します。子テーマも利用している場合は、そのフォルダも圧縮します。

テーマの保存場所

WordPressコアのバックアップを解凍すると「home」という名のフォルダが作成されます。そしてテーマは、以下のディレクトリにあります。

home > サーバー名 > ドメイン名 > public_html > wp-content > themes >

❷あとは、WordPress管理画面の左サイドメニューから『外観 > テーマ」と進み、この圧縮したフォルダを新規追加するだけ。

プラグインを再導入

プラグインは、割り切った方がいいと思います。再度、新規追加してください。

もし、新規追加が嫌なら、覚悟が必要!

ファイルマネージャ(WebFTP)を使って、WordPressコアのバックアップとまったく同じようにフォルダを作成し、そのフォルダ内にバックアップから、ファイルを一つ一つアップロードしていきます。

プラグインの保存場所

使用していたプラグインは、以下のディレクトリにあります。設定データなどが一部、uploadsにも保存されることがあります。

home > サーバー名 > ドメイン名 > public_html > wp-content > plugins >

home > サーバー名 > ドメイン名 > public_html > wp-content > uploads >

本当に大変だと思いますし、アップロードのし忘れがあると、エラーが発生します。

画像などをアップロード

画像などのメディアデータは、WordPress内の「uploads」というフォルダに保存されます。

画像などの保存場所

uploadsは、以下のディレクトリにあります。
home > サーバー名 > ドメイン名 > public_html > wp-content > uploads >

この大切な画像データなども、フォルダのアップロードができないため、一括でまとめてアップロードできません。一つ一つアップロードする必要があります。

❶まず、この「uploads」フォルダは、最初は作成されておらず、新規に画像などのメディアを追加すると、自動作成されます。

そのため、まずwp-contentのディレクトリ(フォルダ)内に「uploads」という名のフォルダを作成します。

❷そして、WordPressコアのバックアップの「uploads」から、再インストールのWordPressに一つ一つアップロードしていきます。

ファイルのアップロード方法は、以下の記事を参照。
⇒【WordPress】エックスサーバーでfunctions.phpなどの「テーマ」を編集する

エックスサーバーのファイルマネージャ(WebFTP)は一度に5つのファイルをアップロードできます。単純に考えて、10回繰り返せば、50個の画像、20回繰り返せば100個の画像をアップロードできます。

ですが、大量に画像をアップロードしているWebサイトの場合、この移行作業に相当な時間がかかります。このような場合は、素直にFTPクライアントソフトを使う方がいいかもしれません。

エラーが出る?

WordPressの再インストール後に、「テーマ」と「プラグイン」でエラーが出ることがあります。

ですが、単に、「以前あったものが、ありませんよ!!」という注意喚起。

最初に一回だけ表示されるだけなので、気にする必要はありません。

スポンサーリンク
ページ先頭へ