【PHP】変数の作り方と使い方


PHPのプログラミングでも、変数を使うことできます。

変数(へんすう)とは?

いろんな説明があるとは思いますが、「変化できる数」が1番正しい解釈だと思います。英語名:variable。

変化ができない「定数」ではないので、その点だけは、理解してください。

変数は、そのまま読んで解釈すると「変な数」となってしまいそうですが、「おかしな数」でも「変わった数」でもありません。

変数は、プログラムの基礎の基礎とも言える大切な概念です。

以下で、『変数の作り方と使い方』をご紹介します。

変数は、箱?

変数は、よく『』にたとえられます。

何を入れる箱かというと、『プログラムの処理で使われるデータ(文字列や数値など)』を入れる箱です。

文字列とは?

数値ではない文字でできた言葉のこと。たとえば、「おはようございます。」や「東京都新宿区歌舞伎町一丁目」みたいなもの。

数値と区別するため、’(シングルクォーテーション)または”(ダブルクォーテーション)で囲みます。

一回だけ書いて、後はそれを呼び出すことで「『使い回す』という発想がプログラミングでよく使われます。

さまざまなデータを変数に入れたり、出したりしながら、データに応じた処理を行っていくわけです。

変数の利点

  • 効率が良く、無駄がない
  • 修正が楽
  • 記述量が減る

変数を使うと、一時的にデータを保存しておき、別のいろいろな場所でそのデータを使うことができます。

スポンサーリンク

変数の作り方

変数の作り方の手順は、2つ。

  1. 変数名を付ける
  2. 変数に、文字列や数値を格納する

変数に名前を付ける

変数には、識別のため、名前を付ける必要があります。

次に示すルールに従えば、自由に名前を付けられます。名前を付ける時のルールを「命名規則」といいます。

変数の命名規則
  • $(ダラー)を先頭に付ける
  • 半角英数字と_(アンダーバー)が使える。ただし、数字は先頭文字には使えない
  • -(ハイフン)はダメ
  • ASCIIコードも使える
  • 英字の大文字、小文字は区別される
  • 予約語は使えない

使える文字は、半角英数字と_(アンダーバー)のみ。-(ハイフン)は使えないのでご注意。

英字の大文字と小文字は区別されるので、$messageと$MESSAGE、$Messageはまったく別の変数になります。記述ミスが発生しやすくなるため、小文字で統一するのが一般的。

重要なことですが、変数名にPHPの予約語は使えません。

予約語とは?

PHPの言語仕様ですでに使われている特別な語のこと。

最新のPHPの予約語については、PHPマニュアルを参照してください。
⇒PHPマニュアル『予約語の一覧』

変数名を見ただけで、どのような用途で使うのか理解できるように、”わかりやすい名前”を付けてください

たとえば、例をあげると…

1行目は「半角英数字のみ」、2行目は「一文字」、3行目は「アンダーバーが先頭」、4行目は「中間にアンダーバー」。

  $number1
  $m
  $_message
  $traffic_light

ダメな例をあげると、次のようになります。

1行目は「数字が先頭」、2行目は「ひらがな」。どちらもダメなのでご注意を。

  $1st
  $ゴリラ

変数に文字列や数値を格納する

変数に文字列などを格納するために使われるのが『=』です。これを代入演算子といいます。

演算子とは?

プログラミング処理に使われる記号のこと。足し算や引き算、結合など、色々な演算子が存在します。

入力文字は、『半角イコール』ですが、イコールのイメージは捨ててください。

ちなみに「変数にデータを入れる」操作を代入といいます。

変数にデータを代入するには、次のように書きます。

$変数名 = 変数に代入する値;

=(イコール)の右側に書いたデータが変数に入ります。

右(代入する値)が左(変数)に入ることをイメージするようにしてください。同値を意味するイコールを連想しがちですが、代入であることを忘れずに。

演算子の前後にスペースが無くても問題ありませんが、見やすくするために半角スペースを入れることをオススメします。

たとえば、例をあげると…

変数にデータを代入すると、次のようになります。

<?php
 $number = 12345;
 $message = 'みそラーメンが食べたい';
 $food = "マスクメロン";
?>

変数には、数値や文字列(文字が並んだデータ)など、いろいろなデータを入れることができますが、文字列を代入する場合は注意が必要です。

文字列に関しては、数値とは異なり、’(シングルクォーテーション)または”(ダブルクォーテーション)で囲んでください。
スポンサーリンク

変数は入れ直すことができる

変数は、定数ではなく、『変化できる数』。

なので、変数に値を一度入れた後、同じ変数に「違う値」を何度でも入れ直すこともできます

この性質が、変数の利便性を高めています。

値を変更したい場合は、代入と同じ記述を再度書き込むだけでOK。

<?php
 $message = 'みそラーメンが食べたい';
 $message = '塩ラーメンが食べたい';
 $message = 'チャーシューメンが食べたい'; 
?>

上記の場合だと、まず「みそラーメンが食べたい」と格納され、そのあとの記述で、「塩ラーメンが食べたい」と書き換えられます。そして、4行目でさらに「チャーシューメンが食べたい」に書き換えられています。

重要なことですが、最終的に実行される値は、最後に代入された値です。上記の場合だと、「チャーシューメンが食べたい」になります。

変数の使い方

変数を使うには、使いたい場所で、変数名($◯◯)を書き込むだけ、変数に入れたデータを使うのは非常に簡単。

たとえば、例をあげると…

以下のコードのようにecho文を使うと、Webサイトに「ゴリラーマン」と表示されます。

echo文

出力(表示)させるために使われる構文。

<?php 
  echo "ゴリラーマン"; 
?>

この「ゴリラーマン」のという文字列を、一度$messageに代入し、呼び出す形で使うと、次のようになります。

<?php
 $message = "ゴリラーマン";
 echo $message; 
?>

このように、変数は、データ保存し、いつでも出し入れできる便利な箱というわけです。

上記のように、echo文を使う場合以外でも、当然プログラムの内部で使用することもできます。

スポンサーリンク
ページ先頭へ