【WordPress】テーマのテンプレートファイルの種類と使い方


WordPressという、Webサイト作成ソフトの利点の1つに『テーマ』があります。

テーマとは?

Webレイアウトの雛形となる、多数の「テンプレート」が含まれたデザインファイルのこと。

このテーマを変えるだけで、簡単にホームページのデザイン変更ができます♪

テーマには、複数のテンプレートファイルを備えており、ページの内容に応じて、構造やデザインを変えることができます。たとえば、投稿ページ用デザイン、固定ページ用デザイン、一覧ページ用デザインのように。

以下で、テーマ内で重要となる、この『テーマのテンプレートファイルの種類』について、ご説明します。

テーマの作成に必要なファイル

テーマを作成する上で、必要なファイルは、以下の2つ。

サイトの骨格となるindex.phpと、それをデザインで肉付けするstyle.css

最低限必要なファイル
ファイル名 内容
index.php Webサイトの構造の核となるテンプレートファイル。他にテンプレートがなければ、このファイルが読み込まれます
style.css テーマのデザインが書かれたファイル。

しかし、これだけでは、非常に単純なWebサイトしか作れません。

そのため通常は、この2つに加えて、各種のテンプレートファイルやfunctions.php(関数ファイル。テーマ内プラグインみたいなもの)、画像等も、テーマ内に含まれます。

スポンサーリンク

テーマに用意された各種のテンプレート

上述のように、index.phpのテンプレートだけでは、すべてのページが、同じものになってしまいます(※記事を除く)。

そこで登場するのが、各種のテンプレートファイル。

WordPressでは、index.php以外にも、投稿ページ用のsingle.php、固定ページ用のpage.phpなどのテンプレートも作成できます。

テーマに、テンプレートを追加したいなら、サーバーの編集ページやFTPソフトで追加が可能。

自動でテンプレートが振り分けられる

これらのテンプレートは、ページの内容に応じて、自動で振り分けられます

WordPress内で処理され、投稿ページなら「single.php」に記述されたものが出力(表示)され、固定ページなら「page.php」に記述されたものが出力されます。

テンプレートファイルの一覧

テンプレートは、上記の3つ以外にも、多数用意されています。

Webサイトデザインを、ページ内容ごとに細かく分けたいなら、テンプレートファイルを追加しましょう。

以下の表で、WordPressで使われる「テンプレートファイル」とその内容をご紹介します。
※アーカイブページとは、「記事一覧のページ」のこと

ファイル名 内容
home.php サイトのトップページを出力
front-page.php サイトのトップページを出力
single.php 投稿ページを出力
page.php 固定ページを出力
singular.php 投稿ページ・固定ページを出力
archive.php アーカイブページを出力
(※その他のアーカイブ関連テンプレートが無い場合、これが出力)
category.php カテゴリー毎のアーカイブページ
date.php 日付毎のアーカイブページを出力
author.php 作成者別のアーカイブページを出力
tag.php タグ毎のアーカイブページを出力
search.php 検索結果ページを出力
404.php Not Found(ページがありません)のページを出力
taxonomy.php タクソノミー(カスタム分類)のアーカイブページを出力
カスタムテンプレート 固定ページの編集ページで選択することで出力

表の最後にある「カスタムテンプレート」は、固定ページ限定のテンプレートです。

テンプレートファイルを作ろう

テンプレートファイルの作り方は、非常に簡単。

上記の表の左側に書かれたファイル名でPHPファイルを作成するだけ。例:tag.php

あとは、自分好みのHTMLレイアウトをファイル内に書き込んでください。

僕なら、とりあえずメインとなるページの内容全てをコピペして、少しずつイメージを膨らませながら、変更していきます。

そして最後に、作成したPHPファイルをテーマの中にアップロード。

当然ですが、使用しているテーマの中に既に同じテンプレートファイルがあれば、追加はダメ。テーマ内に無いテンプレートファイルを追加しましょう。
スポンサーリンク

さらにテンプレートを分ける

上記のテンプレートのうち、page.php、category.php、tag.php、author.phpに関しては、さらにIDやスラッグで出力を分けることができます。

IDとは?

WordPressで作成されたページや読み込まれた画像には、それぞれIDが付されます。それぞれのIDは、記事の編集ページやカテゴリー&タグの編集ページのURLに表示されます。

スラッグとは?

スラッグとは、URLの最後に付されるもの。

ページの種類 テンプレートのファイル名
 ID別 スラッグ別
 page.php  pageID番号.php pageスラッグ名.php
 category.php  categoryID番号.php categoryスラッグ名.php
 tag.php  tagID番号.php tagスラッグ名.php
author.php authorID番号.php authorネーム名.php

例えば、ID番号が「10」、スラッグ名が「car」の固定ページだけ、他とは違うテンプレートを使いたい場合は、それぞれpage-10.php、page-car.phpというファイルを作成することで、そのページ限定のテンプレートを作ることができます。

ID番号が「10」、スラッグ名が「car」以外の固定ページは、通常通り、page.phpやindex.phpが読み込まれます。

2つともある場合はどちらが出力される?

また、IDとスラッグでは、スラッグのファイルが優先されて出力されます。

page-スラッグ名.php > page-ID番号.php

上記の場合であれば、page-10.phpとpage-car.phpのテンプレートファイルがあれば、page-car.phpのファイルが優先されます。

スポンサーリンク
ページ先頭へ