【楽天モバイル】コミコミプランLで契約しました


楽天モバイルコミコミプランLで契約しました。

以下で、『コミコミプランLは、お得なのか』また、『到着したコミコミプランLの内容物がどのような物なのか』を画像をまじえてご紹介します。

契約を検討されている人は、参考にしてください。

コミコミプランLとは

コミコミプランL』とは、最新スマホ(富士通 arrows M03)と基本料(データ通信容量4GB)、5分かけ放題オプションがコミコミで、月々2,980円(税別)(2年目からは3,980円)というプラン。ちなみに2年間の契約シバリがあります。

  • 富士通 arrows M03(最新スマホ)
  • 基本料(データ通信容量4GB)
  • 5分かけ放題オプション



僕が選んだ理由

当初、僕は、楽天モバイルの「通話SIMの3.1GBプラン」+「5分かけ放題オプション」で契約し、別途購入する予定のSIMフリースマホで運用しようと考えていました。

楽天モバイルの3.1GBの通話プラン 1,600円 月々2,450円
5分かけ放題オプション 850円
新品のSIMフリースマホ 価格は機種による     →

この計画で必要となる費用は、月々2,450円+スマホ代。

そんな中で見つけたのが、コミコミプラン。

コミコミプランLは、上記の条件と似ています。

コミコミプランLは、お得か?

上記のSIMプラン(3.1GB+5分かけ放題)は、楽天モバイルの中でも人気があるプランです。このプランとコミコミプランLを以下で比較してみます。

コミコミプランLには2年シバリがあるので、2年間のシミュレーションになります。

1年目は2,980円で当初の予定プラン(2,450円)よりも530円高く、2年目は3,980円で当初の予定プランよりも1,530円高くなります。

1年目の月額料金 2年目の月額料金
コミコミプランL 2,980円 3,980円
3.1GB+5分かけ放題 2,450円 2,450円
差額 530円 1,530円

その差額をスマホ代金(arrows M03)分と考えれば、

1年目 6,360円(530円×12ヶ月)
2年目 18,360円(1,530円×12ヶ月)

つまり、24,720円で新品の「富士通 arrows M03」が手に入ることになります。現在の新品価格は、4万数千円なので、お得ですね。

その上、3.1GBよりも多い「4GBの通話プラン」で、さらにお得。

新しいスマホを購入予定なら、お得なプランといえます。



契約から到着まで

このコミコミプランLですが、「富士通 arrows M03」の発送の関係上、契約は7月24日からスタートでした。

僕は、24日(日)の昼にネットで契約し、本人確認(運転免許等の画像を送信して行う)も24日に済ませました。ちなみにソフトバンクからのMNPです。

そして、スマホとSIMカードが到着したのが、29日の朝です。到着まで約5日。

問題が2点ありました。

  • 到着までの間に”不通期間(回線が使えない期間)”が発生していたこと
  • スマホ本体の支払いは「月々払い」で契約したのに、クレジットカードの利用速報では一括払いの価格で請求されていたこと

MNPの不通期間」に関しては、サブ携帯ということで、28日まで気づきませんでした。もし、ビジネスで使用していたら、大問題が発生していたかもしれません。

また、スマホ本体の支払いが一括払いで請求されていた問題ですが、クレジットカードの過剰請求ですから、もし自分の認識違いでなければ大問題です。のちほど、楽天モバイル側に確認を取ろうと思っています。

<2016/8/9>楽天モバイルカスタマーセンターに問合せましたので、詳しくは以下の記事に書いています。

⇒【楽天モバイル】スマホセットプランの端末の分割払いが一括請求された!?

「富士通 arrows M03」とSIMカード

IMG_0898

↑家に到着した状態です。クロネコヤマトにて発送されていました。佐川急便じゃなくて、本当に良かった(笑)軽く横に振ると”カタカタ”と音がします。精密機器なだけに、梱包の状態が不安です…

IMG_0901

↑箱をあけてみると、案の定、梱包が甘々で、隙間が多くあります。一流企業「楽天」の仕事とは思えません。振動による不具合の可能性を考えると、腹が立ちます。

IMG_0902

↑箱の中身です。左上から時計まわりに、「SIMカードと説明書」「富士通 arrows M03」「インターネット通信ご利用方法」「kkbox(音楽配信)の広告」「huluの1ヶ月無料トライアル」

富士通 arrows M03

『富士通 arrows M03』に関しては、別ページにまとめました。

⇒【製品レビュー】富士通 arrows M03  SIMフリースマホ

IMG_0916

nanoSIMカードを取り付ける

IMG_0930

↑nanoSIMの取り付け方は分かりやすく書かれています。

IMG_0905

↑”nanoSIMカード”が取り付けられたカード

IMG_0943

↑nanoSIMカードを取り外すのに、カッターやハサミは不要です。上記の画像のように、基盤が無い側の面から押すだけで、キレイに外れます。

IMG_0937

↑nanoSIMカードを外した状態

IMG_0942

↑「arrows M03」のサイドにSIMカードを差し込む場所があります。

IMG_0931

↑爪で少しコジるとフタが外れます。

IMG_0935

↑近づいて見てみると、nanoSIMカードとmicroSDカードの接続部があります。nanoSIMカード側には、SIMカード・トレイがすでに入っています。

IMG_0939

↑SIMカード・トレイを外すと、IMEIシートも顔を出しますが、抜いてはいけません。このシートは、修理の際に必要になる情報が書かれています。丁寧に扱ってください。

IMG_0940

↑取り付け説明書に分かりやすく書かれています。SIMカードの向きや裏表を間違わないように差し込んでください。

IMG_0941

↑あとは、しっかりと奥まで押し込んでください。カバーをもとに戻せば終了です。



最後に

僕と同じ、以下の条件の方にオススメできるのがこの「コミコミプランL」です。

  • 楽天モバイルで契約を考えていた人
  • 3.1GBの通話SIM
  • 5分かけ放題オプションを追加
  • スマホは新品を購入予定

でも注意があります。それは、24ヶ月の契約シバリがあることと、2年の間に通信プランをダウングレードすると違約金がかかること。2年は長いですよ(笑)

僕は、2年間は同じMVNOを利用すると最初から決めていたので、気にもしませんでした。

スポンサーリンク
ページ先頭へ