格安SIM「楽天モバイル」を選んだ理由


格安SIMをどれにするか悩んだ結果、僕が選んだのは『楽天モバイル』。ソフトバンクからの変更です。

rmobile

以下で、楽天カードを所有している僕が『格安SIM「楽天モバイル」を選んだ理由』を説明します。

楽天モバイルを選んだ理由

  • 通信料金が「楽天スーパーポイント」に加算される
  • 「5分かけ放題オプション」の存在
  • 楽天モバイルは格安SIM事業者の3強であること

楽天スーパーポイントがたまる

今までも、通信料金はソフトバンクのポイントとしてたまっていました。でも、使わないし、全然たまらないんですよね(笑)。

一般的な楽天のポイントサービスと同様に、100円で1ポイントがたまり、1ポイントが1円として使えます。

楽天カードをお持ちであれば、このキャッシュバックはうれしいですよね♪

それだけではない!

ネット通販「楽天市場」で購入する際に付与されるポイント還元率がアップし、契約期間中ずっと『プラス1倍』に。つまり、ポイントは2倍もらえることに。

楽天市場をよく利用される人にとっては、さらにうれしい♪

「5分かけ放題オプション」の存在

無料で通話料が半額になる通話アプリ「楽天でんわ」。楽天モバイルに加入すると、「5分かけ放題オプション」の申し込みができます。

【5分かけ放題オプションとは?】

5分以内の国内通話であれば、何度かけても追加料金なしの付帯サービス。でも無料とはいきません。こちらは、月額850円(税別)

ちなみに、1回の通話が5分を超えた場合、5分超過分につき30秒ごとに10円の通話料が別途かかります。それでも、30秒20円の通話料がかかる大手キャリアの半額!

このオプションは、IP電話ではなく「一般回線」

その他の利点として、このサービスはIP電話ではなく、「一般回線」であること。なので使用中に途切れたり、電話番号に変更はありません。

IP電話だと、インターネット回線の混雑状況によっては音質が悪くなったりします。また、MVNO業者にもよりますが、IP電話はデータ通信のため、データ通信量を消費してしまうこと。通信量の目安ですが、3分で約1.5MBを消費します。限りのあるデータ通信量は、節約が基本!

  • 5分以内であれば、何度かけても追加料金なし
  • 5分を超えると、30秒20円
  • 月額850円(税別)
  • 一般回線なので、音質や使い勝手が良い



楽天モバイルは格安SIMの3強

現在の格安SIMの3強は、次の3業者。

人気があるのには、必ず理由がある。迷ったときは、人気があるサービスを選ぶのが定石。

その他の選択理由

基本的なサービスでいうと、次の点もしっかりとサポート。

  • 速度切り替え
  • データ繰り越し
  • 即日MNP

データ容量に限度がある格安SIM。データ通信速度を高速と低速で切り替えることで節約可能な『速度切り替え』。

使い切れなかった通信容量を翌日や翌月に繰り越せる『データ繰り越し』。

MNPを申し込んだ際に、不通期間が発生しない『即日MNP』。店頭申し込みだけでなく、ウェブ申し込みにおいても、可能!



楽天モバイルに契約する場合の注意点

注意事項としては、音声通話対応の「通話SIM」の場合、12ヶ月契約になること。もし12ヶ月以内に解約をすれば、9800円の違約金が発生します。

データ通信のみの「データSIM」の場合は、最低利用期間はなく、解約時に違約金は発生しません。

また2枚目以降を安価に追加できる『SIM追加』は対応していません。複数の機器や家族同士で利用を考えている人は、要注意!

オススメの料金プランは?

どのMVNOにおいても人気があるのが、3GBクラスの『通話SIM』です。楽天モバイルの場合、『3.1GBプラン』といいます。

それにプラスして、『5分かけ放題オプション』の追加です。楽天モバイルに音声通話プランで契約するなら、このオプションは付けたほうが良い。もっというと、この「5分かけ放題オプション」が、楽天モバイルの強みであり、人気の理由。付けないのは、もったいない。

僕は、このプランを軸にして、生活にあったプランに変更していきます。

3.1GBプラン 1600円(税別)
5分かけ放題オプション 850円(税別)
合計 2450円(税別)

⬇️  ⬇️  ⬇️  ⬇️  ⬇️  ⬇️
楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

スポンサーリンク
ページ先頭へ