持っているスマホで格安SIMを使う場合の注意点


今使っているスマホを使って、少ない初期投資で格安SIMを使おうと考えている人は、多いはず。

でも、今まで通り快適に使えるとは限りません。

以下で『持っているスマホで格安SIMを使う場合の注意点』をご紹介します。

持っているスマホを使う際の注意点

持っているスマホを使って、格安SIMを使うには、原則的に『SIMロック解除』が必要になります。でも契約するMVNO(格安SIMの事業者)によっては、SIMロック解除をする必要がない場合もあります。

スポンサーリンク

SIMロックとは

372976

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したスマホには、『SIMロック』がかかっています。

【SIMロック(シムロック)とは】

SIMロックとは、特定のSIMカードを差し込んだ場合のみに動作するように、携帯電話などに施される機能制限のこと。たとえば、ドコモで購入したスマホは、ドコモのSIMカードを差し込まないと動作しません。

逆にSIMロックが施されていない端末を「SIMフリー」といいます。

キャリア別の「所有スマホで格安SIMを使う方法」

キャリア 所有スマホで格安SIMを使う方法
ドコモ ①SIMロック解除②ドコモ系のMVNOを選ぶ
au ①SIMロック解除②au系のMVNOを選ぶ
ソフトバンク SIMロック解除のみ

ドコモとauは、それぞれの通信網を利用したMVNOと契約すれば、SIMロック解除をせずに格安SIMに変更できます。

でもソフトバンクの通信網を利用したMVNOは、事実上存在しないので、SIMロック解除をするという選択肢しかありません。

適切なMVNO事業者を選ぶ

084161

現在、格安SIMを取り扱うMVNOは多数あります。そのMVNOは、「ドコモ」と「au」から通信網を借りて、通信サービスを提供しています。

それぞれを「ドコモ系のMVNO」と「au系のMVNO」と呼ぶことにします。残念なことに、ソフトバンクの通信網を借りているMVNOは事実上、ありません。

以下でそれぞれの系列のMVNOを列記します。

【ドコモ系のMVNO】
【au系のMVNO】

ドコモ回線の一人勝ち状態です。そのためドコモ・ユーザーは、現在使用中の携帯端末を利用できる場合が多いのです。(※使える端末のチェックは、MVNO業者のホームページで要確認!)

ちなみに『mineo』は、どちらのキャリアにも対応します。すべてがこうなら良いんですけどね。

ドコモで購入した携帯電話は『ドコモ系のMVNO』に

大手キャリアで購入の携帯端末は、他のキャリアのSIMカードが使えないように『SIMロック』がかかっています。また、ロックだけでなく、キャリアの使用する動作周波数帯のみが、つながるように制限されています

それぞれのキャリアが利用しているLTEの周波数帯は以下のとおりです。

周波数帯(バンド) ドコモ au ソフトバンク
700MHz(28)
800MHz(18/26)
800MHz(19)
900MHz(8)
1.5GHz(11)
1.5GHz(21)
1.8GHz(3)
2.1GHz(1)

上記のようにキャリアごとに違った周波数帯を使っており、SIMロック解除をしても、携帯端末の動作周波数帯が変わることがないので、使えない周波数帯が発生します。特に山岳地帯などは、この制限の影響を大きく受けます。

そのため、『ドコモのスマホにはドコモ系の格安SIM、auのスマホにはau系の格安SIMを選ぶ』必要があります。

違うキャリアの端末とSIMの組み合わせは使えないのか?

SIMロックさえ解除すれば、利用はできます。

でも、上記で説明したとおり、共通する動作周波数帯が少ないため、通信エリアが狭まったり、通信速度が遅くなったりします。

なので、より良く使用するために、『ドコモのスマホにはドコモ系の格安SIM、auのスマホにはau系の格安SIMを選ぶ』という大原則を守る必要があります。

SIMロックを解除する

432226

携帯端末の自由を奪う「SIMロック」ですが、SIMロックを解除すれば、他社のキャリアで使えたり、格安SIMを利用できるようにもなります。

解除の要件や方法など、携帯端末の発売時期によって異なります。またウェブでの解除以外の方法だと費用がかかるので、注意してください。

キャリア名 携帯端末の発売時期 解除可能な端末 解除方法 解除時期
ドコモ 2015年5月以降 すべて ウェブ、電話、店頭窓口 購入から6ヶ月後
2015年4月以前 一部 店頭窓口のみ いつでも
au 2015年5月以降 すべて ウェブ、店頭窓口 購入から180日後
ソフトバンク 2015年5月以降 すべて ウェブ、電話、店頭窓口 購入から181日後
2015年4月以前 一部 店頭窓口のみ いつでも

2015年5月以降に発売された端末は、約半年間はSIMロック解除できません。

解除料金ですが、ウェブのみが無料で、それ以外(電話、店頭窓口)では3000円(税抜)かかります。

スポンサーリンク

iPhoneで格安SIMを使う場合は、どのバージョンがいいの?

simfreesmaho

iPhoneには、いろんなバージョンがありますが、どれでも同じなのでしょうか?

以下で、”つながりやすさ”に関わる『動作周波数帯』をまとめてみました。

周波数帯(バンド) MVNO iPhone
ドコモ系 au系 5 5s 6・6s
700MHz(28)  ◯
800MHz(18/26)  ◯  ◯
800MHz(19)  ◯  ◯
1.5GHz(11)
1.5GHz(21)
1.8GHz(3)  ◯  ◯  ◯
2.1GHz(1)  ◯  ◯  ◯

上記のように、格安SIMを使うことを前提に考えると、iPhone6・6sを使用する方がより多くの周波数帯を利用でき、より快適な動作が期待できます。でもiPhone5に関しては、別機種の購入を検討したほうが良いかもしれません。ちなみにiPhone5よりも古いiPhoneは控えた方が賢明です。

iPhoneに関しては、『新しいものが良い』という原則が当てはまるという結果になります。CPUなどのスペックを考慮しても、格安SIMには、『iPhone6』か『iPhone6s』がオススメです。

スポンサーリンク
ページ先頭へ