snip.toなどのリファラースパムを除外する方法!ログデータも除去!


数ページしかないサイトが、数日前から異常なほどアクセスアップしています。グーグルアナリティクスが異常な動きを示す、同様の経験をされている人は多いのではないでしょうか!?

snip

この原因は『Snip.to』という、グーグルアナリティクスの最新リファラースパム

この手のタイプのスパムは、最近とても活動していて、多くのサイトを攻撃しています。いくつかのケースでは、読み込みを遅くしています。

このスパムは、「100%に限りなく近い”直帰率(バウンスレート)”」と「0秒という”平均ページ滞在時間”」という偽りのデータを残します。そして、そのことが、サイト運営者のアクセス分析に重大な影響を与えます。特に、頭を悩ませるのが、一度に複数回、攻撃をしかけてくることです。

グーグルアナリティクスでは、スパムに関する誤った情報がたくさんあります。たとえば、マルウェアや関連するセキュリティのことです。でも、実際は違います。リファラースパムは、運営サイトと直接的に接続されていないので、心配する必要はありません。

また、重要なことですが、「site12345.snip.to」のような、ランダムな数字をつかったサブドメインもリファラースパムとして使われます。

以下で、簡単かつ効率的にsnip.toというリファラースパムを除外する方法グーグルアナリティクスの過去のデータ(ログ)からリファラースパムの情報を除去する方法をご紹介します。この方法は、他のリファラースパムにも使えます。

参考にしたサイト:Ohow Digital Marketing

スポンサーリンク

『Snip.to』とは?

この手のリファラーは、実際のアクセスや接続がないため、「ゴーストスパム」と呼ばれています。なので、有害なバックリンク(被リンク)だとか、セキュリティの問題を心配する必要はありません。

リファラーのサイトにいくと、”広告サービスのサイト”にリダイレクトされるだけです。つまり、このスパムの目的は、”広告サービスのサイト”に目を向けてもらうこと。そしておそらく、アフィリエイト報酬などが目的です。

それでは、グーグルアナリティクスからこのリファラーを取り除く方法をご紹介します。

「グーグルアナリティクスのレポート」から、リファラースパムをブロックする方法

ゴーストスパムを取り除く方法は、いろいろとありますが、1番簡単な「グーグルアナリティクスのフィルター機能」を使った方法をご紹介します。

 snip.to を取り除くフィルターの作り方

①グーグルアナリティクスにログインして、ページ上部にあるアナリティクス設定・タブをクリック。

フィルタをクリック。

firuta

+フィルタを追加をクリック

tuika

④「フィルタ名」を任意で入力します。例えば、『リファラースパム』など。

⑤「フィルタの種類」はカスタムを選択。

⑥「フィルタ フィールド」をキャンペーンのソースにします。

⑦「フィルタ パターン」に、snip.to と入力。

snip6

⑧最後に「保存」をクリックして終了です。

hozon

フィルタの効果は、24時間ほどかかるかもしれません。なお、フィルタが利きだすと、グーグルアナリティクスのレポートに、このスパムがヒットされなくなります。

スポンサーリンク

過去のレポート(ログ)から、 snip.to を削除する方法

①グーグルアナリティクスにログインして、ページ上部にあるリポート・タブをクリック。

②左サイドバーから、「集客」>「すべてのトラフィック」の参照サイトをクリック。

+セグメントをクリック。

segumennto

+新しいセグメントをクリック。

atarasii

⑤セグメント名を任意で入力。例えば、『リファラースパム除外』など

⑥「詳細」の条件をクリック。

⑦「含める」を除外するに変更。

⑧「Flashのバージョン」を「集客」>メディアに変更、「含む」を完全一致に変更、テキストボックスからreferralを選択。

ANDをクリック。

⑩「Flashのバージョン」を「集客」>参照元に変更、「含む」を正規表現に一致に変更、テキストボックスにsnip.toと入力。

保存をクリックして終了。

snip8

過去のデータから、 snip.to を除いたデータを確認する

「+セグメント」をクリックし、先ほど作成したセグメントにチェックを入れると、”すべてのセッション”と”snip.toを除いたセッション”を同時に2つ表示させることができます。

①左サイドバーから「ユーザー」>サマリーをクリック。

②+セグメントをクリック。

segumennto

③”すべてのセッション”と”先ほど作成したセグメント(リファラースパム除外)”の2つにチェックを入れて適用をクリック。

tekiyou

④すると、下に色違いの2本の折れ線グラフが表示されます。2色で色分けされるので、見やすいですね♪数日間のリファラースパムによる影響が一目瞭然です。

snip2


悪意のあるリファラースパムは、アクセス解析をするうえで、強烈なノイズになります。正確なデータを取るためにも、グーグルアナリティクスのフィルター機能で除外してください。

ではでは…

スポンサーリンク
ページ先頭へ