WiMAX2+の速度制限が緩和?


WiMAX2+サービスを展開している「UQコミュニケーションズ」が、14日に速度制限の緩和に関する『お知らせ』を出しています。

『「3日間で3GB」制限に関する今後の対応について』(UQコミュニケーションズの公式サイト)

分かりやすく短く説明すると…

「今まで3日間で3GB」を超える利用があった場合、通信速度制限をしてきたが、苦情が多すぎるので(想像→総務省からもお達しがあったので、)極端に速度制限をして、イジメるのをやめて、普通ぐらいの速度制限でイジメることにします。

さらに、まとめると以下の通り。

  • 「3日間で3GB」を超えるとおこなう速度制限は、やめません
    結局、続ける
  • 制限後、YouTube動画の標準画質(360P)が観れる速度から、少し速度を上げる
    具体的な速度は非公表
  • 新たな『より利便性の高い運用方法』の準備が整うまで、変更後の状態を続ける
    誰にとって利便性の高い運用方法なのだろう?

ここで通信速度制限についてのオサライをします。

スポンサーリンク

「3日間で3GB」の速度制限とは?

この速度制限とは、3日間の通信データ量の合計が3GBを超える場合、『翌日の昼頃から翌々日の昼頃までの約24時間』の間、「極端に通信速度を制限する刑罰」を執行するという、ネット依存が進む現代人にとっては、懲役刑に匹敵する制裁です。

その上、『3日間で3GB』ってのが、非常に分かりにくい。

調べてみると、絶えず『過去の3日間のデータ量の合計が、3Gを超える』かどうかをチェックされます。


7月1日から使い始めた場合↓↓↓

◉『1日、2日、日』の3日間のデータ量の合計がチェックされ、日の制限の有無が決定。

◉『2日、日、4日』の3日間のデータ量の合計がチェックされ、日の制限の有無が決定。

◉『日、4日、5日』の3日間のデータ量の合計がチェックされ、日の制限の有無が決定。


上の例でいえば、7月3日のデータ量は、「4〜6日の制限の有無」に関係します。

つまり、7月3日に「3GBを超える」データ通信をした場合、『7月4日、5日、6日の3日間は、すべて3Gを超えるため、速度制限が確定する』ということ。

一日で多くのデータ通信を行うと、その分の規制の期間は、伸びることになります。

フルHD動画が当たり前なので、1日に3GBを超える視聴は、十分にありえます。

結果、3日間の制裁です…

スポンサーリンク

最後に

WiMAX2+の速度制限の緩和によって、この問題は一旦、終息するのではないでしょうか…

私の中では、YouTubeの画質「480P〜720P」が止まることなく観れる速度であれば、文句はありません。

しかし実際のところ、具体的な「変更後の通信速度」を公表していませんので、「UQコミュニケーションズ側」で都合良く、通信速度が調節されそうで、不安です。

最初は、少し速めにして、途中から遅くしていこう!』的な感じなら、許せないですよね。

今後、1日1回、通信速度をチェックして、動向を見守りたいと思います。

スポンサーリンク
ページ先頭へ