[adidas]Lite Arrow2 をレビュー


litearrow2

体力維持のために、ランニングを始めようと思いますので、ランニングシューズを購入しました♪

今回は、そのランニングシューズのレビューを書きたいと思います。


最近、マクドナルドに行きびたりなので、体重が7kgアップしました(笑)

スーパーサイズ・ミー 』という、「毎日マクドナルド製品だけを食べ続けると、どうなるか!?」をドキュメンタリータッチで描いた実験映画がありましたが、リアルにその状態になりつつあります…

また、体力も落ちたのか、すぐに集中力が無くなります。

何事においても、体力は重要ですね!!

僕が選んだランニングシューズは、以下の製品です。

アディダスの「Lite Arrow 2」というモデルです。

カラーバリエーションは、3色あります。

当初、マラソンランナーに人気の「adizero(アディゼロ)」というモデルを購入しようと考えていました。

ですが、価格が高く、マラソン大会には出ないので、その廉価モデルである、「Lite arrow 2」を購入しました。

ランニングシューズにおいて、必要な要素は最低2点あります。

  • ソールの耐摩耗性
  • ソールのクッション性

この「lite arrow 2」には、その最低限がシッカリと、つまっています。


ADIPRENE(アディプリン)
衝撃吸収クッション材。ヒールを衝撃から守り着地安定性を高めます。長時間走るため、足からの衝撃は、ヒザを痛めます。ランニングにクッション素材は、必須です。
adiWEAR(アディウェア)
優れた耐摩耗性のある、ラバー素材のソール。ソールの寿命と機能を長持ちさせてくれるます。長時間走るため、ソールの耐久性は、無視できません。

最低限、必要とされる機能をしっかりと抑えつつ、アディゼロの流れをくむ、この「Lite Arrow 2」を僕は選びました。

それでは、「デザイン」と「走ってみた感想」をレビューします。

スポンサーリンク

『adidas lite arrow 2』のデザイン・レビュー

IMG_0442

↑「lite arrow 2」側面の画像です。アディゼロの流れをくんでいますよね。スタイリッシュでスピード感がある良いデザインです。しっかりと3本線も入っています(笑)

IMG_0443

↑「lite arrow 2」側面の画像です。

IMG_0444

↑「lite arrow 2」正面の画像です。

IMG_0445

↑「lite arrow 2」背面の画像です。

IMG_0446

↑「lite arrow 2」内側の画像です。「running」と書いていて、用途が分かりやすい。

IMG_0449

↑「lite arrow 2」のメッシュ部の画像です。このメッシュは、ランニングシューズにおいて、重要な要素の一つ。これが有ると無いでは、長距離を走る際に差がでます。靴の中の蒸れは、足の皮膚を軟らかくしたり、足の体温を急上昇させます。

IMG_0441

↑「lite arrow 2」ソール全体の画像です。タコぽいです(笑)滑りにくく、しっかりと地面を蹴れます。走るスピードを上げるには重要な要素です。

IMG_0447

↑「lite arrow 2」ソール上面の画像です。

IMG_0448

↑「lite arrow 2」ソール下面の画像です。「ADIWEAR」って書いています。

スポンサーリンク

『adidas lite arrow 2』の走行・レビュー

かなり久しぶりに走りますので、しっかりと柔軟体操したうえで、走り始めました。

そして、水をコップ一杯だけ飲むました。←走る前に水分を補給しないと、脱水症状が起こり、強烈な頭痛がでます。

まず感じたのが、ソールのクッション性です。

足裏からくる衝撃が、しっかりとスポイルされています。

僕は、ヒザが弱いため、このクッション感には満足です。

ですが、強めのクッション感なので、スピードを出したい人には向かないかも…

そして、やはりランニングシューズなので、軽いです。

30分ほど走って、足先が蒸れてきてからは、メッシュ素材が心地いい空気をシューズ内に送ってくれます。

この少しの「冷やっと感」って、走っていて嬉しいんですよね♪

最後に

最後に、「久しぶりにランニングした人あるある」を一言。

『昔の感覚で、走っていると、すぐにバテて、歩き出す。』

久しぶりに、走るなら、最初から抑え気味に!!

スポンサーリンク
ページ先頭へ