投稿記事の確認は、プレビューで


プレビュー


投稿記事を書いていて、Webページ上での表示が気になりますよね。

投稿記事をWebページ上で確認するには、2つの方法があります。

投稿を表示」と「プレビュー」です。

kijipreview

投稿記事の表示確認をする場合は、迷わず「プレビュー」をクリックして確認してください。

理由は以下の通りです。

「投稿を表示」で表示確認

投稿編集画面の記事タイトル記入欄の下に、「パーマリンクの編集箇所」があります。

その右横に[投稿を表示]というボタンがあり、記事を一度保存した状態でクリックすると、既存のウインドウ上で、Webページ画面に切り替わり、投稿記事の表示確認ができます。

ですが、問題が1つあります。

スポンサーリンク

問題点


問題点とは、画面を編集画面に戻すために、「←(前に戻る)」をクリックすると、直前の編集記事ではなく、もっと以前に自動保存された状態まで戻ってしまうことです。


そのことに気づかずに、直前の編集状態だと思い込み、手直しをしたあと、更新を押してしまうと、後の祭りで、せっかく書いた記事が飛んでしまいます。

なぜなら、直前の記事の手直しではなく、もっと以前に自動保存された記事の手直しをした上で保存してしまうからです。

こうならないように回避するには、「←(前に戻る)」をクリックして、編集画面に戻ったあとに「更新(※ページの更新ボタンで、記事の更新ボタンではありません。)」ボタンを押せばいいだけなんですけど、投稿記事を書くことに疲れている時って、つい忘れがちなんですよね。

長い時間をかけて書いた投稿記事が一瞬にして、消えてしまうと立ち直れません。

実はこれを私は、こりもせずに、何度も経験しています。

新しいウインドウが開いて確認さえできれば、こんなことには…なんて考えました。

「プレビュー」で表示確認

投稿編集画面の右側にある公開パネルにある「プレビュー」を押して、Webページの確認をすれば、新しいウインドウが開いて、表示されます。

この「プレビュー」で表示確認さえすれば、新しいウインドウが開いてWebページでの投稿記事の表示確認ができるので、上記の問題点で示したようなトラブルにはなりません。

スポンサーリンク

まとめ

実際問題、これってWordPressを利用する上で、基本中の基本なのかもしれません。

今思えば、なぜ「投稿を表示」なるボタンがあるのかが意味不明です。「プレビュー」のみであれば、こんなことを考える必要もないし、ミスも生じません。

編集記事が飛ぶって、Webページを作成していて、一番あってはならないことですよね。

「投稿を表示」ではなく、「プレビュー」で確認しましょう。

スポンサーリンク
ページ先頭へ