ウイルスバスターを入れたら、ウェブ閲覧が重くなった


7fd95fcb064dd7c02583983ac267c58e_s


ここ数ヶ月、ウイルス対策ソフトの無料体験版(1ヶ月)でウイルス対策をしています。

カペルスキー、マカフィー、スーパーセキュリティZEROときて、今は「ウイルスバスター」を使っています。

そして、ウェブ閲覧が重くなりました…すごくすごく…

最初は、ウイルスバスター絡みではなく、Wimaxの回線上の不具合で遅いのだと思っていましたが、私の入っている通信回線のプランは、速度制限を食らうプランではありません。

「じゃあ、なぜ?」と思いながら約10日間、激重の苦行に耐えた末、頭にチン!とあること思い出しました。

スポンサーリンク

原因は…

ウイルスバスターを入れた時に、気づけばインストールされていたTrendツールバーのことです。

もしかしたら、これじゃないの??と思って早速、「Trendツールバー」を停止。

すると、元の快適な状態に戻りました!!

「速いって、気持ちいい!!」

速くなったのはいいけど、Trendツールバーを停止すると、ウイルス対策はどうなってしまうのだろう??

調べてみました。↓↓↓(下にスクロールしてね)

Trendツールバーとは

一応ですが、このTrendツールバーのことを調べてみました。

トレンドマイクロのサイトを確認すると、以下のとおりの機能でした。

「Trend ツールバー」機能を利用すると、検索結果画面で、それぞれのリンク先の安全性を評価してアクセスしようとしているWebサイトに関連するセキュリティリスクについて警告します。

Trend ツールバーは自動的に動作し、Webサイトを監視します。
なお、初期設定で有効な機能となります。

また、検索結果一覧の各リンクの横に、判定結果のアイコンが表示されます。

Trendツールバーの機能を分かりやすくいうと、『Web検索をすると、そこに表示されるサイトが安心できるサイトかどうかを事前に調べてくれるという、ありがた迷惑なツールバー』ってことです。

スポンサーリンク

最後に

もちろん、これを入れていると、さらに強固なウイルス対策ができることは、言うまでもありません。

ですが、私はいらない。

なぜなら…

「速いって、気持ちいい!!」からです(笑)

ではでは…

スポンサーリンク
ページ先頭へ