USBメモリーをexFATにフォーマットする方法


81592e659d8bde6b68d53452259c911a_s

USBメモリーは、通常、FAT(FAT16やFAT32など)というファイルシステムでフォーマットされてます。

それは、FATが多数のOS(Windows、Mac、Linuxなど)に対応しているからです。

ですが、弱点があります。

それは、ファイルサイズが2GBもしくは4GBまでという制限があるということです。

動画などのファイルであれば、4GBなんて簡単に超えてしまいます。

そのため、制限以上のファイルを入れる場合、Windowsであれば「NTFS」、Macであれば「HFS」、Linuxであれば「Ext4」にし直す必要があります。

でも、これにフォーマットしてしまうと、WindowsやMacでの互換性がないため、それぞれのOSの専用USBメモリーとなってしまいます。

スポンサーリンク

単一のOSのみしか使わない人を除いて、これでは困りますよね。

そのような人は、「exFAT」にフォーマットしてください。

「exFAT」であれば、4GB以上のファイルでも可能、WindowsとMacでも利用でき、すべての問題を解決することができます。

Windowsでフォーマットし直す方法

①「コンピューター」 内にある、USBメモリーにカーソルを合わせ、右クリック。

②メニューに「フォーマット」とありますので、それをクリック。

③ファイルシステムを「exFAT」に変更し、開始を押す。

これで完了です。

※フォーマットし直すと、USBメモリー内にあるデータは消去されますのでご注意ください。

Macでフォーマットし直す方法

「アプリケーション」>「ユーティリティ」内の『ディスクユーティリティ.app』を開いてください。

①左メニューから、USBメモリーをクリック。

②パーテーションタブをクリック。

③「1パーテーション」を選択して、「名前」を入力し、「フォーマット」の項目を「exFAT」に変更。

④右下の「適用」をクリック。

macformat1

⑤「パーテーションを作成してもよろしいですか?」と出ますので、「パーテーション」をクリック。

macfomat2

これで完了です。

※フォーマットし直すと、USBメモリー内にあるデータは消去されますのでご注意ください。

スポンサーリンク

Ubuntu(Linux)で「exFAT」にフォーマットされたUSBメモリーを使う方法

残念ながら、Ubuntu(Linux)の標準では、「exFAT」でフォーマットされたUSBメモリーを認識することはできません。

使えるようにするには、「exfat-fuse」をインストールする必要があります。

「exfat-fuse」をインストールする方法

①先ず、端末を開きます。

②「$ sudo apt-get install exfat-fuse」と入力し、enter。

これだけです。

スポンサーリンク
ページ先頭へ