[WordPress] Simple Mapの使い方


14dbbe27fcbc4558466a474654675e59_s

ページ上にGoogleマップ(地図)を簡単に出力することができるプラグイン、『Simple Map』をご紹介します。

『Simple Map』のインストール方法

↓↓↓プラグインのインストール方法はこちら↓↓↓
>>[WordPress]プラグインのインストール方法

「Simple Map」の有効化も済ませてください。

スポンサーリンク

『Simple Map』の設定方法

まず、地図を出力したいページを開くか、新規作成をします。
今回は新規作成をします。※投稿、固定ページのどちらでもかまいません。

タイトル、パーマリンクを入力し、本文はビジュアルエディターを使います。
[map]住所[/map]というショートコードを、マップを埋め込みたい箇所に入力するだけです。

今回は、東京スカイツリーのマップを埋め込みたいと思いますので「東京都墨田区押上1丁目1−2」を[map]と[/map]の間に入力します。

simplemap1

確認してみる、下のように埋め込まれます。

simplemap2

ちなみに、間に入れる「住所」ですが、場所名でも問題ありません。
例えば、今回であれば、住所の代わりに、「東京スカイツリー」と建物名を入力しても、同様に地図が出力されます。この点は、通常、Googleマップを利用する場合と使い方は変わりません。

スポンサーリンク

細かな設定方法等

[map]住所[/map]ではなく、[map addr=”住所”]でも出力されます。

出力される地図のサイズも変更することができます。

ショートコードの中に、以下の値を入力すればいいだけです。

項目 詳細 初期値
width 地図の幅(%かpx) 100%
height 地図の高さ(%かpx) 200px
zoom 地図の倍率 16
breakpoint 画面幅のブレイクポイント(px) 480px

例:

[map width=”50%” height=”100px” zoom=”12″ breakpoint=”640px”]住所[/map]

または

[map addr=”住所” width=”50%” height=”100px” zoom=”12″ breakpoint=”640px”]

以上です。

お疲れさまでした。

スポンサーリンク
ページ先頭へ