[WordPress] お問い合わせページを簡単に作成する方法


ddd17ea3f5ec98bffe6946c08d44010c_s

作成しているWebサイトが大きくなってくると、閲覧者の評価が知るためであったり、コミュニケーションをとる手段として、お問い合わせページを作成したくなりますよね。

よりよいWebサイトを作成するためにも、ぜひとも「お問い合わせページ」を導入してください。

スポンサーリンク

今回は、お問い合わせフォームを簡単に導入できるプラグインとして、有名な[Contact Form 7]をご紹介します。

『Contact Form 7』を導入する方法

 「Contact Form 7」をインストールし、有効化する

WordPressの管理画面の左メニューから、「プラグイン」>「新規追加」を選択します。
右上の検索窓に「Contact Form 7」と入力し、「enterキー」を押す。

contactform

Contact Form 7の「いますぐインストール」をクリック。

contactform2

インストールが完了しましたら、「プラグインを有効化」をクリックする。

contactform3

スポンサーリンク

「Contact Form 7」を設定する。

Contact Form 7を有効化すると、WordPressの管理画面の左メニューに「お問い合わせ」が追加されるので、それをクリックする。
初期状態で、すでに「 コンタクトフォーム1」が用意されています。
その「コンタクトフォーム1」の文字をクリックします。

contactform4

コンタクトフォームの編集画面になります。
少し下にページをスクロールし、「宛先」に、お問い合わせに利用するメールアドレスを入力する。
※お問い合わせメールの差出人に自動返信メールを送信する設定をする場合は、「メール(2)を使う」にチェックを入れる。

contactform5
ページを上にスクロールし、「保存」をクリック。
左に「コード」が表記されていますので、それをコピーします。
※コード内にある「id=”数字”」は、必ずしも”4″ではありません。フォームを作成するごとに違う番号が生成されますので、表示されたコードをいじらずにコピペしてください。

contactform6

固定ページの新規作成ページを開きます。
「テキスト」をクリックし、テキストエディターにします。
先ほど、コピーしたコードをペーストし,「下書きとして保存」または、「公開」をクリックして終了です。

contactform8

固定ページを表示して、作成したページを確認してください。

contactform7

フォームは、「コンタクトフォーム」の編集の「タブの作成」から、内容を追加できます。

個人利用であれば、デフォルトのフォーム内容で十分だと思います。

いろいろと項目を増やば増やすほど、お問い合わせをしてくれなくなりますので、ほどほどに!

それではお疲れさまでした。

スポンサーリンク
ページ先頭へ