GIMP 2.8 で矢印を描く方法


9314ad0b3420b1e8b7a4b476f0eadacc_s

GIMP 2.8 を使っていると、矢印(→)を描きたくなることってありますよね。

以前は、テキストで「→」を描いて、着色+拡大で描いていました。

でも今は、便利なGIMPのプラグインを見つけましたので、そちらを使っています。

Draw arrow』というプラグインです。

このプラグインはパスを使って描きますので、状況に応じて向きや大きさを選ぶことができます。

本当に便利ですので、このプラグインを入れていない方はこの機会に入れてみてください。

※私のPC環境は、Mac(OS X Mavericks 10.9.5)です。

スポンサーリンク

『Draw arrow』のGIMPへの導入方法

⑴先ず、公式サイト(http://registry.gimp.org/node/20269)より『Draw arrow』(arrow.scm)のプラグインをダウンロードする。※Description.pngではなく、arrow.scmです。

arrow1

⑵GIMP 2.8 に、ダウンロードした「arrow.scm」を格納する必要があります。
DockのFinderをクリックし、左のメニューから「アプリケーション」を開く。

アプリケーション内にあるGIMPを右クリックし、「パッケージの内容を表示」を選択。

arrow2

Contents>Resources>share>gimp>2.0 と順次開いていく。
Dockの「ダウンロード」にある、先ほどダウンロードした「arrow.scm」をそのフォルダ内にある「scripts」に、ドラッグ&ドロップで格納する。

arrow3

スポンサーリンク

⑶GIMP 2.8を起動し、「ツール」に矢印があることを確認する。

arrow5

⑷もし追加されていなければ、GIMP 2.8の設定を変更し、スクリプト用フォルダに追加する必要があります。

GIMP 2.8を開き、左上の「GIMP」をクリックし、「設定」を選択。
右メニューの一番下にある「フォルダー」を開き、「スクリプト」を選択。
スクリプト用フォルダーに下のテキストをコピぺしてください。
→ /Applications/GIMP.app/Contents/Resources/share/gimp/2.0/scripts

arrow6

⑸GIMP 2.8を一度閉じて、再起動する。

⑹「ツール」に、矢印があることを再確認する。

以上になります。

使い方は簡単です。

ツールの「パス」を選択し、2カ所にパスを打ちます。そして、ツールの「矢印」をクリックすると、設定ダイアログが開きますので、大きさ等の値を調節して、「OK」を押すだけです。

スポンサーリンク
ページ先頭へ